アーカイブ | 12月 2016

体のコンプレックスはたくさん

一番目の頃はヘア色合いで髪を明るくしてしのいでいましたが、30代も半ばになると光が当たらない色調の白髪染めでないと染まらないほど髪総体に白髪が目に付くようになってきました。

もう一つは口元の黒ずみです。

とはいっても縮毛矯正は値段が高い上に、ヘアーへのダメージもあるのでそんなにしきりにはかける事ができません。

それに加えて子供を分娩した20代後半頃からちらほらと白髪が生えるようになりました。

息子の頃から癖毛で苦慮している私は縮毛矯正がマストグッズ。

体のコンプレックスはたくさんありますが特に気になっているのがヘアーと口元の黒ずみです。

男性の象徴のひげのようなシミが女の私に可能ななんてショックです。

このせいで近頃では人と会うのが億劫だしフレッシュな頃には比較的自信のあった自らの容姿に反対にも劣等感を抱くようになりました。

30代半ばになってから引っかかるようになりましたが、鼻と口の間の部分の黒ずみなので、少々見た感じひげに見えてしまいます。

長い間口元の無意味毛をカミソリで剃った事がきっかけなのでしょうか?ジレンマではあっても対応策がなく、ファンデーションの厚塗布でごまかす事しかできない定期的です。

髪を染めても直ちにに白いところが著しくなってくるし、髪染めのせいで髪が余分にごわごわのざらざらでハイダメージに輪を掛けてコンプレックスを感じるようになりました。